アラキドン酸が赤ちゃんに必要な理由

アラキドン酸は必須脂肪酸の一つで、物事を考えたり思い出したりするときに必要になるもので、脳に多く含まれています。アラキドン酸は肉や魚などに含まれていますが、母乳http://www.rockit.me/bonyuu.htmlにも入っています。

アラキドン酸は、精神発達を促すため、母親の母乳を飲むということは体の成長に大きな影響を与えます。また、アラキドン酸は免疫力を高める効果もあり、DHAと一緒にとることが大切であると言われています。

母乳の場合は、母親が食べた魚のDHAが赤ちゃんへと行き渡ります。母乳に含まれるDHAの量は、どのくらい魚を食べるかによって増減するため、母乳をあげているお母さんは、赤ちゃんのためにもDHAが多く含まれる青魚を食べるようにしたいものです。

では、粉ミルクで育児をするお母さんはどうすればよいのでしょうか。粉ミルクによっては、アラキドン酸とDHAの成分が含まれているものがあるため、そのようなミルクを選ぶと良いでしょう。

赤ちゃんの脳は、生後24か月の間にめざましく成長http://www.activate3d.com/nyuuyouji.htmlします。赤ちゃんがこの期間に、アラキドン酸とDHAが含まれている粉ミルクを飲むと、まったく飲んでいない赤ちゃんよりも精神発達が高いという研究結果が出ています。よって、赤ちゃんの粉ミルクを選ぶときには、しっかりと含まれている成分をチェックして、選ぶようにしたいものです。生後24か月までは、赤ちゃんの脳の発達のことを考えて、食べ物を食べたり粉ミルクの成分チェックをすることが大切です。

↑ PAGE TOP