人が考えて行動するのに必要なアラキドン酸

アラキドン酸は人が生きていくのに必要なものです。

アラキドン酸は人の細胞組織のあらゆる場所にあり、細胞膜の構成や脳の情報伝達のために欠かせないものでもあります。免疫機能を調整したり、人が学習し知識を身につけていくこと、物事を記憶すること、血圧やコレステロール値を下げる効果などがあります。

生まれたばかりの赤ちゃんの場合、身体の中でアラキドン酸を合成していく力がとても弱いため、母乳の中に含まれるアラキドン酸を摂取しているのです。ちなみに粉ミルクにも、アラキドン酸は配合されています。

胎児の段階でも、アラキドン酸は必要不可欠なものです。母親のお腹の中で成長していく胎児の脳の神経細胞は、驚異的な早さで神経細胞が作られて行きます。そのため、妊娠中の女性は、アラキドン酸を含む食品を食事の栄養バランスを考えながら摂取していかなければなりません。

アラキドン酸は胎児や乳児など若い生命だけではなく、もちろん成人にも必要です。成人後の脳も、神経細胞は発達し続けていきます。高齢の方でも、脳の細胞膜を柔らかくしてくれる働きがあり、情報がスムーズに伝達してくれる働きがあるため、物忘れや認知症の症状がある方にも、アラキドン酸は効果を発揮してくれるのです。

アラキドン酸は肉や卵、魚類http://www.iacpr.org/canned.htmlに含まれています。これらの食品は摂り過ぎると、ガンを誘発してしまう危険性がありますが、適量であれば身体の細胞組織や脳によい効果があります。

↑ PAGE TOP