頭がよくなる⁉アラキドン酸

近年、脳に効果があると注目されているのが『アラキドン酸』です。脳は大部分を水が占めており、水以外の60%が脂質、17%がDHA、次いで12%を占めているのがアラキドン酸です。

このアラキドン酸は赤ちゃんの脳や体の発達に欠かせないものです。しかし赤ちゃんは自力でアラキドン酸を合成することができないので、外から摂取しなければなりません。

と言っても乳児のうちは食事は粉ミルクか母乳、その中でうまく取り入れなければなりません。粉ミルクの場合、アラキドン酸が配合されたいるものを積極的に選ぶと良いでしょう。母乳の場合は、お母さんが積極的にアラキドン酸を摂取し、母乳を通して赤ちゃんに届ける必要があります。

アラキドン酸は肉類やレバー、卵、魚介類に含まれています。摂取の際はアラキドン酸とDHAをバランスよく摂取すると、脳への効果が期待できるようです。

しかし育児をしながらバランスの取れた食事をとることはなかなか難しいですよね。そんなときはサプリメントなどを取り入れるのも良いかもしれません。

アラキドン酸は、記憶力の向上、高血圧の予防、免疫機能の向上、コレステロール値の低下など様々な効果http://arachidonic-acid.com/effectiveness.htmlを発揮してくれますが、過剰摂取をした場合すべて逆に作用します。ですから、サプリメントを利用する際は医師に使用量などを確認すると安心して利用できると思います。かわいい我が子の為にうまく取り入れていきたい成分ですね。

↑ PAGE TOP